副作用のお薬(飲みきり)

副作用の薬

抗がん剤FECの副作用薬(乳がん)


2018年4月

*薬ではなく副作用は
 ▶︎副作用まとめ

抗がん剤投与翌日から

絶対飲みきりのものは3点

①デカドロン錠、

②イメンドカプセル、

③ネキシウムカプセル

の3点。


①デカドロン錠4mg - -

  ステロイド剤で、むかつきや

  吐き気、嘔吐を抑えます

  翌日から1日1回

  朝食後に2錠を

  3日間飲みきる

②イメンドカプセル80mg - -

  吐き止め

  翌日から1日1回

  朝食後に1カプセルを

  2日間飲みきる

③ネキシウムカプセル20mg - -

  胃酸の分泌を抑え、

  デカドロンによる胃潰瘍予防

  翌日から1日1回

  朝食後に1錠を

  4日間飲みきる

この3点が自己判断なし、

絶対飲みきりのお薬と言われました。


抗がん剤により、便秘になりがちで、



体の中の不要なものは

早く出した方がいいので、

便秘剤も飲んでおいた方が良い、

とのことで、

排便が安定するまで

・マグミット330mg - -

  便秘を改善する薬

  1日3回毎食後1錠

も、安定するまで

飲んだ方がいいとのことです。

その他の薬は▶︎その他の薬

説明しています。


今回初めて行った調剤薬局で、

処方箋のプリントを渡すと

『ジェネリックにしますか?』

と、聞かれ

『それってなんですか?』

と聞くと

『効果や効き目は同じで、

お値段が安く、

国が推奨しているお薬です』

と、雑な説明を受け、

『え、同じなのに安いんですか?』

『はい。』

『なら安い方で。』

と、全く理解できなかったが、

すぐ決めないといけない空気に負け、

ジェネリックにしました。

ひと月目の病院代

抗がん剤の種類