抗がん剤の種類

抗がん剤の種類

FEC(CEF)療法→ タキソテール(ドセタキセル)→ 手術→ 放射線→ 術後ホルモン療法


2018年4月

私の乳ガンの性質は、

浸潤性乳管ガン

ホルモン陽性

HER2陰性

Ki67(増殖スピード)は

60%(通常の3倍の数値)で、

進行が早く、

転移しやすいガンと判明しました。

術前抗がん剤の種類は、

FECを3週間に1回✖️4クール

タキソテールを3週1回✖️4クール
(ドセタキセル)

2種類を合計8クール

その後



手術をし、

術後放射線療法

術後ホルモン療法

とゆう流れの予定に

なりました。

まず、FEC1回目を打つ

1時間前に吐き気どめの

イメンドカプセル125mgを飲みました。

抗がん剤の点滴は

2時間以内には

終わるでしょうと

言われていたのですが、

なんとあっさり30分で終わりました。

今回の抗がん剤は

血管に負担がかかるので、

早く終わらせないといけないらしく、

抗がん剤によっては、

ゆっくり入れていかないといけないものもあり、

様々らしいです。

エピルビシン注射液が赤いので、

尿がオレンジ色になるけど、

怖がらないように

と言われ、

早い帰宅ができました。

副作用のお薬(飲みきり)

術前化学療法