はぁ?手術中の形成外科の判断次第?

乳がん 手術中の形成外科の判断

初めての形成外科の診察で言われたこと


2018年10月

手術の日が近づき

ここでやっと初めましての

形成外科の先生の診察。

このたった1回の診察で

終わり。

もう手術まで会わない。


それなのに執刀医は

誰になるかわからない

と言う。

しかも



手術は広背筋皮弁の予定だが

肉が足りないとなったら

お腹の手術になる

可能性もあるとか

手術中の判断で

色々変わることもあるが

それは承知して下さいと言う。

私の希望や不安など

何も話したこともない

形成外科の医者に

判断を任せろなんて

無茶苦茶だ!

術後の変形した

体と向き合って

生きていく覚悟や希望を

打ち砕かれた気分。

診察のほとんどは

こちらの話は聞かず、

納得いく形にならなくても

文句言うなと

言わんばかりの

説明ばかりだった。

手術当日に

執刀医に

言いたいことは

全部言おうと決意した。

と、同時に大病院への

不信感がザワつき始める

手術室で半裸で手術直前でも伝えたこと

乳房温存手術について