放射線の副作用の説明

放射線 副作用

皮膚、肺、心臓(私の場合です)


2018年12月

副作用は

まず皮膚。

日焼けのような

症状が出るので

日焼けすると

ただれる人などは

ケアが必要です

肺は放射線に弱いが

位置的に放射線が

当たってしまうので

副作用が出る。

肺の副作用に関しては、


咳がひどくなる時期が

100%でやってくる。

咳が出始めると

2ヶ月ほど続き

大体の人は半年後くらいに

症状が現れるが

人によって違う

1年間くらいは

様子を見ないといけない

生活もできないくらい

しんどい場合は

精密検査も必要になる

私の乳がんは左側に

あるので心臓にも

当たるが

元々疾患がないので

ほぼ問題はない

とのことでした。

放射線16回、開始!

放射線は25回か16回か